FC2ブログ
本日は猫日和
片田舎の猫好きの新車購入顛末記。むしろ覚書。参考にはなりません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝てました
車見るどころか家から出てない(笑)。
起きられなかったのよ。

ふと思いついて調べたのですが、エコカー減税って来年の3月登録車までなんですね。重量税は4月登録まで。そんでもって現在、災害(東北地震とタイの水害)の影響で納期がうんとこさ遅れてるらしいです。ってーことはもうそろそろ動きだした方がいいのかな。どう動くかはわかりませんが、確か1回延長されてるから、もう延びないんじゃないかな。あれ?延長されたのは補助金の方だっけ?

エコカー減税ですが、パターンがいくつかあって、低排出ガス車☆☆☆☆(17年度基準75%減)が必須条件で、平成22年度燃費基準+25% と 同+20%または+15% という区分けがあります。その中でハイブリット・自家用乗用車・軽自動車・自家用貨物自動車にそれぞれ分けられます(ハイブリットは全部+25だけどね)。だそうです。

減税内容は、購入時の取得税、車検時(又は新車購入時)の重量税、年度初めの自動車税。重量税は期間内に1回だけ、自動車税は取得の翌年度1年分のみです。ハイブリッドは取得税と重量税が全額免除です。

乗用車(普通車)と自家用貨物車が
+25   ・・・ 取得税75%減、重量税75%減、自動車税50%減
+20・15 ・・・ 取得税50%減、重量税50%減、自動車税減なし

軽が
+25   ・・・ 取得税75%減、重量税75%減、軽自動車税減なし
+20・15 ・・・ 取得税50%減、重量税50%減、軽自動車税減なし

今どき、☆4つは大半がついてるっぽいですね(スポーツカー除く)。燃費も、コンパクトの2WDはだいたい+25達成してます。軽ターボは微妙で、+25と+20・15が混在してるっぽいです。つっても軽の場合あんまり関係ないかな。取得税も元々3%ですし。

コンパクトの場合、車の値段150万、1300cc、重量1tちょっとと仮定すると、
取得税が5%で75,000 → 75%減だと△56,250の18,750 50%減だと△37,500の37,500
重量税が3年で56,700 → 75%減だと△42,525の14,175 50%減だと△28,350の28,350
自動車税が1500cc以下で34,500 → 50%減だと△17,250で17,250

おおお、10万くらい下がるのか。おっきいようなそうでもないような…。この時だけだからね。
それに、購入時って「コミコミ○○万円」って考えるでしょ? そうすると額の大きい取得税と重量税は購入時の費用だから、その分を安く買うってよりその分でグレード上げたりオプションつけたりって方向に行っちゃうんですよね。
あーでも、「いい車」になるんだから、それはそれでいいのかな。

さて、どうしたもんかな(軽ターボVSコンパクト的な意味で)。年間算定4万の差はでかい。でかすぎる。ああ年間算定4万差ってのは、以前このブログで軽ターボVSコンパクトの年間法定費用を計算したのです。重量税は年割、自賠責も含めた額。結果、4万強違うことが判明。

軽なら、
取得税が3%で150万で45,000 → 75%減だと△33,750の11,250 50%減だと△22,500の22,500
重量税が3年で13,200 → 75%減だと△9,900の3,300 50%減だと△6,600の6,600
軽自動車税が一律7,200減税なし

結局「減税額」でなく「支払総額」で考えると、たとえコンパクトが75%減、軽ターボが50%減だっとしても結局軽の方が安いんです。
重量税と自動車税は1回きりだし、車検も上がっちゃうだろうしな。任意保険はそう変わらないだろうと思うのですが。
うーん、でも、現況デミオが最有力候補。そして軽ターボに対抗車種がない。アイはどうも微妙だし(あれはあれで面白い乗り心地だと思いますが、私が求めるものとは違うのですよ)、ラパンは、ラパンは…

ラパンね、ネットの評判では考えてたよりしっかりした走り心地みたいなんです。でもね、でもね、壊滅的にナビが似合わないんです。やっとこさ埋め込み式ナビをつけた画像を見つけ出したのですが、本当に似合わないの。ひどいもんだと思うの。でもナビは欲しいの。埋め込み式がいいの。ダッシュボードに乗せる形式のポータブルナビも、今なら性能もずいぶん上がってるみたいで必要十分なようなのですが(ソニカ購入時はポータブルナビはまだまだ評判悪かった)、ラパンって結構ダッシュボードの位置高いよね?(それとも座席が低いのか?)邪魔じゃね?
ん、ちょっと待てよ。普段は取り外しておいて必要時だけ出してくるのもありだな。ポータブルナビをエアコン吹き出し口につけるパーツって売ってるんですよね。
うん、そうか、そうかあ…。

とりあえず候補車見てきます。話はそれからだ。
あと、近いうちにまた情報整理数値編をやります。デミオ思ったよりでかかった。印象的に、先代フィットくらいの大きさだと思ってたんですけどね。
スポンサーサイト
軽VSコンパクト! その2
明日(今日)で2月終わりですか? 信じらんねー! 仕事なんにも終わってないよ。1月は行く、2月は去る、3月は逃げる。3月の方がもっと早く終わります。あれよあれよと言う間に……。

ところで、毎日のように軽ターボとコンパクトの間で揺れ動いております。
経済性は確実に目に見えて軽の勝ち。購入時価格は余り変わりません(正価では税金のこともありコンパクトの方が高くなりますが、グリーン税制で還付もあるし、コンパクトの方が一般的に値引き幅がでかいので変わりません。軽もターボつくとそこそこするしね)が、やっぱり毎年かかってくる税金が。年間4万(+α)はでかいです。燃費もほとんど変わりませんし。

燃費ですが、距離を走らない人だと、2~3km/L程度の差は考慮の対象にはなりません。
たとえば、12km/Lと15km/Lで計算してみましょうか(カタログ値は20とか25とか書いてますが、実燃費はまあこんなとこでしょ。知らんけど)。年間1万キロを走るとして、ガソリン代がリッター130円として。

 10,000÷12=833.3333… 834×130=108,420円。
 10,000÷15=666.6666… 667×130=86,710円。

差額は2万2千円です。1年で割ると月2千円弱。消耗品として考えると、どうですか? 気になりますか? いや、10年というスパンで見ると大きいとも言えますが。

なのであまり考える必要はないと感じます。今時の軽は優秀で、カタログ値19とか20とか普通に出してきますしね。

んで、経済性では軽に大きく差をつけられたコンパクトですが、走りの性能という点ではやはり先を行く。
実際試乗して感じましたが、安定感がまるで違います。
ソニカもふらつきのない、安定したいい走りでしたが、やはりコンパクトに比べると「軽い」と感じます。道路のゴツゴツの伝わり方が違います。
ホイールベースの長さに加え、200キロ以上重さが違うためでしょう(つまり、200キロの重さ分、エンジンの力が強いということも言えますね、コンパクトの方が。ターボを加えたとしても)。
静粛性も比べ物になりません。エンジン音というより、ロードノイズでそれを感じます。装甲が薄いんだろうな、と。

ただし、その分、取り回し面では軽が勝ちます。
ソニカとノートを比べてみると、幅で20センチ強、長さではなんと50センチも違います。最小回転半径も、20~30センチ、軽の方が小さい。
街中で走る、という点では、これくらいどってことなかったりします。問題は駐車場。車庫入れです。
私の職場の駐車場はあまり余裕がありません。もちろん、コンパクトや普通車で悠々止めている人もいますので、運転技能の問題と言えばそれまでですが、そんな簡単に腕が上がるわけでもなし。

さらに言えば、軽は車庫証明がいりません。私の住んでるところでは。現在私が車を止めている場所は家の裏の空き地なんですが、なんかよくわかりませんが所有者の好意でタダで止めさせていただいてるらしく、そこでは車庫証明が取れないらしいのです。車庫証明を取るアテはあるので不可能ではないんですが、……正直、めんどくさい。
ついでに私は実印持ってません。普通車(コンパクト)買うとなるとちゃんとした印鑑作って印鑑証明も取らなきゃいけません。……やっぱりめんどくさい。
んでも、そんなにめちゃくちゃめんどくさいわけでもないのが困るところです。実印、将来的には必要になるかもしれませんし、車庫証明も印鑑証明も簡単に取れますし、お金もちょっとしかかかりませんし(車庫証明で2千円くらいでしたっけ? 印鑑証明だと300円くらい? 印鑑買わなきゃいけませんが)。

でもでも、同価格と考えて、コンパクトの方が装備的には勝つんです。当然、中も広いし、広い分シートアレンジに余裕がありますし、後部座席がそこそこ広くてラゲッジもそこそこ広いという両立が可能です。軽だとムリです。どっちかにしわ寄せがきます。
ただね、軽でもガマンできないほどじゃないのよ、これが。

経済性、取り回し面では軽ターボ。ついでに馬力も必要な程度にはある……はず。
んでも、コンパクト、具体的に言えばノートの、あの走行時の安定感、余裕は捨てがたい。

やっぱりコンパクトにしようかな……、いやいや軽で充分じゃね? と毎日考えています。
ああ迷う……。
軽VSコンパクト! その1
いまだに迷っているんです。
まだ迷ってていいんですが。
迷ってるんです。

軽ターボにすべきかコンパクトカーにすべきか。

まだ決めるのは先ですが、比較整理してみましょう。


まずは費用面。

新車購入時には、車本体(+オプション)以外にもこんなお金がかかるそうです。

・自動車税
・自動車取得税
・自動車重量税
・自賠責保険料
・消費税
・任意保険料
・リサイクル料金

他、納車費用とか色々かかるようですが割愛。

このうち、購入時のみなのは取得税と消費税、リサイクル料金。
消費税は変わりません。同じ値段なら同じ金額。
取得税は普通車(コンパクト)5%、軽は3%。
150万なら7万5千円と4万5千円。3万円差かー。おっきいようなちっさいような。
リサイクル料金は車種によって変わります。9千~1万2千というところでしょうか。

毎年かかってくるのは自動車税と重量税と自賠責と任意保険。
軽は一律です(任意保険以外)。7,200円/4,400円/15,010円。計26,610円+任意保険(今で4万強だったかな)。
コンパクトは車種により色々です。
自動車税は排気量によりますので、1300でも1500でも34,500円。
重量税は重さ。1t以上と以下で違います。コンパクトは微妙なところです。12,600/18,900円。もちろん重い方が高い。ここでは高いほうを取っておきましょうか。
自賠責はそんなに変わりません。17,940円。軽と……ええと、2,930円差ですね。
合計71,340円+任意保険(上乗せ2~3万くらい?)。

うわあ、任意保険考えなくても年4万4千円差?
5年で20万、10年で40万の差です。任意保険を考えればもっと。

コンパクトはこの差を乗り越えられるのか?!

眠いのでテンション上がんねえ……


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。